• 藤井 千恵

帰宅後、夕食を作るのに時間がかかってしまいます

最終更新: 2月8日

ワンオペ育児が辛いママのための

ライフオーガナイザー®︎


many many smiley 藤井千恵です。



家事のご相談でも一番多いのが、

料理のお悩み。



なかでもワーキングママさんに多いのが

仕事から帰ったあとの夕食の支度を段取りよく、

手早くできるようになりたいというご相談です。



ただでさえ大変な、毎日の夕食作り。



仕事が終わると同時に保育園にお迎えに行って、

帰ってくるのは18時前。


それから急いで支度をして子どもに食べさせて、

お風呂に入れて…


寝かしつけも遅くなり、

一緒に寝てしまうので自分の時間も作れない…


少しでも早く寝かしつけて自分の時間が作れたら

ドラマを見たりゆっくり本を読んだり、

リフレッシュできるのに…



余裕のない毎日に、

ストレスも溜まっていく一方ですよね。



料理のお悩みもメニューがワンパターンになってしまう、

冷蔵庫の足りないものを買い足しに行く時間がないなど

人によってさまざまあります。



あるママさんは、

具沢山のお味噌汁とメイン料理の組み合わせがいつものパターン。


でも段取りがうまくいかず作るのに時間がかかってしまい、

どきどき失敗してしまうのも悩みでした。


お話していく中で、

特に野菜を切ったりの下準備に

時間がかかっていることがわかりました。



そこで試してみたのが、

日曜日と水曜日に2、3日分まとめて

お味噌汁の具材を切っておくこと。


こうすることで帰宅後にお味噌汁具材を切るのは、

水曜日の1回だけにすることができました。



そのおかげで平日なかなかできなかった、

掃除機をかける時間ができました。


その分休日まとめてしていた掃除の時間が減り、

自分の時間が作れるようになりました。



料理もメニューを決めて作って、

食べ終わったら後片付けまで

色々な段階がありますよね。


その一つ一つを掘り下げて考えていくと、

自分はどこに負担がかかっているのかが見えてきます。



それをどんなふうに変えると

ストレスなく進められるようになるのか、

講座で一緒に考えてみませんか?



3月11日11:00より

オンライン(Zoom)開催


ママのゆとりが生まれる料理効率化講座です。


内容

・料理が負担になっているのはなぜ?

・○○でレパートリーを増やそう♪

・離乳食を大人のメニューに組み込む方法

・使いやすいキッチンの動線や収納

ほか






詳しくはこちらをご覧ください。


料理の負担を減らすためにできることは

こちらでもご紹介していますので、

まだご覧になっていない方はぜひお受け取りくださいね。

↓↓↓

\無料PDFプレゼント/

ママの家事が楽になる♪

まず見直したい6つのポイント

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now