• 藤井 千恵

毎日のメニュー決めが、とても楽になりました!

最終更新: 3月10日

こんにちは、藤井千恵です。


家事効率化サポートで、

復職後に向けて、買いだめしたものを

味付けやカット後に冷凍しておき、

それを夕食に使用するというのを試しています。

料理することはそこまで苦痛ではないのですが、

そもそもメニューを決めるのが億劫です…

とクライアントさんが

お話してくださいました。


限られた時間に買い出しをして、

下処理をして…

調理そのものにも時間がかかりますが、

料理は始めるまでにも

たくさんの段階がありますよね。


メニューを決めるのは

好きだというママさんも多いですが、

それでもやっぱり料理に時間のかかる

原因のひとつですよね。


今は毎日ネットで検索するという方も

多いです。


例えばネットで検索するときに

どんなキーワードだと、

早く求めているレシピに

たどり着けるでしょうか?


「夕食」「レシピ」?


これだと範囲が広すぎて、

まだ迷ってしまいますよね。


では「肉」や「魚」などの食材や、

「煮物」などの調理法ではどうでしょう?


さっきよりは、今晩食べたいレシピに

出会えそうですね。


では今冷蔵庫に入っている、

「豚肉」や「大根」では何が出てきそうですか?


きっと今すぐさっと作れる美味しそうなレシピが

見つかるのではないでしょうか。



さらに朝食や昼食を考えてみてください。


朝食や昼食も迷うには迷いますが、

冷蔵庫にあるもので済ませられる方が

ほとんどです。


これは、いつものパターンが

決まっているから。


朝食はご飯派、パン派などありますが

それに合わせて毎日同じようなおかずでも

満足できますよね。


昼食も続くと飽きることもありますが、

それでも簡単に麺類で済ませたり

残りご飯でチャーハンにしてみたり、

繰り返し作っているメニューがほとんど。



夕食もまず毎日どんな食材で

どんなメニューを作りたいか整理しておくと、

考える作業が楽になっていきます。


そして毎日新しいレシピに挑戦するのではなくて、

繰り返し作りたいお気に入りのレシピを増やしていくこと。


私自身毎週のメニューのパターンを決めて

それぞれお気に入りのレシピを増やしていくと、


「今日はこれとこれがあるからあのレシピ」


とほとんど迷わずに決められるようになりました。



また、実践されたクライアントさんからは

食材のローテーションを決めて

週の前半と後半で調理法を変えることを

うまく組み合わせると、メニュー決めも

今より苦手意識を持たずにできそうです✨


レパートリーが増えたことで、

メニュー決めがずいぶんと楽になりました!

こんなご感想をいただいております。



講座の詳しい内容はこちらをご覧ください。


ママのゆとりが生まれる献立仕組み化講座


料理の負担を減らすためにできることは

こちらでもご紹介していますので、

ぜひお受け取りくださいね。

↓↓↓

\無料PDFプレゼント/

ママの家事を効率化♪

ゆとりが生まれる6つのポイント


87回の閲覧0件のコメント